フレイル と 食事の内容

2019/10/23 フレイル予防・対策記事より転載。

現状、クリニックで調べてきた限り、バランスの良い食事が摂れるているなら安心とは・・・❓。まず、食べていなければ、議論にもならないと言うレベルですね。

バランスの良い食事は高齢者の心身の衰えを予防するのか「フレイル」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

英語の「Frailty」が語源となっているそうですが直訳すると「虚弱」や「老衰」「脆弱」などを意味します。高齢者のフレイルといった場合、一般的には「加齢により心身が老い衰えた状態」のことを指します。

バランスの良い食事は健康の維持に欠かせない生活習慣といえますが、食事バランスに配慮することで、フレイルを予防することができるのでしょうか。

日本疫学会誌2019年10月号に、食事バランスとフレイルの関連性を検討した研究論文が掲載されました。 この研究では、群馬県草津町、および埼玉県鳩山町に在住している、65歳以上の912人(平均75・6歳)が対象となりました。

バランスの良い食事(主食、主菜、副菜を1日に2回以上食べる)の摂取頻度はアンケート調査の結果に基づき、「毎日」「週に4回、もしくは5回」「週に2回以下、もしくは3回」の3つのグループに分類されました。

年齢、性別、喫煙・飲酒習慣、糖尿病・高血圧の病歴などの因子について、統計的に補正して解析した結果、フレイル状態にある人は、バランスの良い食事を「毎日」摂取している人と比較して、「週に2回以下、もしくは3回」摂取している人で1・8倍、統計学的にも有意に多いという結果でした。

もちろん、食事バランスに配慮することができるような人は、もともと心身ともに健康である可能性は高いので、本研究結果から、食事によってフレイルを予防できると結論することは難しいでしょう。 

とはいえ、加齢に伴う心身の衰えを少しでも予防したいとお考えの方は、主食、主菜、副菜をバランス良く食べることを意識してみるのもいいように思います。

”インフォシークニュース”より。

Follow me!

投稿者プロフィール

座間 清 院長
座間 清 院長
専門は整形外科・老年内科・抗加齢医学
老年内科の診療、特に認知症医療では基礎研究結果に基づいた理論を重視、保険診療においても抗加齢医学を考慮し、認知症患者にとって適した治療を提供。
PAGE TOP