介護サービス利用者6割超!心身に衰え、利用控え響く

2020.06.02 フレイル予防・対策記事より転載。

今年は全世界の高齢者 受難の年。

介護サービス利用者の6割超心身に衰え 利用控え響く

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、在宅の高齢者が介護サービスの利用を控え、心身の衰えが広がっている可能性があることが、介護従事者を対象にした調査でわかった。

介護従事者の6割超が、利用者の心身の機能低下を認識していた。
調査は淑徳大の結城康博教授(社会福祉学)が5月4~17日、インターネットで実施。
全国のケアマネジャーやデイサービスの職員ら503人が回答した。
内訳は、全国に先駆けて緊急事態宣言が出た7都府県が46・3%、その他が53・7%だった。

調査によると、在宅の介護サービスの利用控えが「多くいる」としたのは11・1%、「一定程度はいる」が38・8%。「いない」は17・7%だった。

それらの影響で、心身の機能が低下している利用者が「かなり多い」としたのは4・6%、「多い」は16・3%。「多少いる」とあわせると6割で、7都府県に限ると7割にのぼった。

自由記述では「自宅に閉じこもっているうちに転倒し、自力歩行が難しくなった人がいる」「社会から離れ、うつ状態になった」「家族も疲弊し、介護ストレスから虐待も増えている」といった深刻な状況が明らかになった。

結城教授は「利用控えにより、今後、要介護者らが増えることも考えられる。自治体などは、必要以上の利用控えをしないように呼びかけるべきだ」と話す。

朝日新聞より。

Follow me!

投稿者プロフィール

座間 清 院長
座間 清 院長
専門は整形外科・老年内科・抗加齢医学
老年内科の診療、特に認知症医療では基礎研究結果に基づいた理論を重視、保険診療においても抗加齢医学を考慮し、認知症患者にとって適した治療を提供。
PAGE TOP