自粛長びくと より顕著にフレイル進む

2020.12.16 フレイル予防・対策記事より転載。

確実ですね、認知症も増えます。

コロナ禍で生活習慣変化、自粛長びくと、より顕著にフレイル進む

飯島勝矢・東京大高齢社会総合研究機構機構長、寺嶋毅・東京歯科大教授が14日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、コロナ禍で生活習慣が変化したことで起こりやすくなるフレイル(虚弱)について議論した。

飯島氏は「自粛生活が長びいて活動度が下がると、より顕著にフレイルが進む。1、2年後に要介護の人が増える可能性もある」と指摘。

寺嶋氏は「家から出る機会が減ると、気持ちも落ちこみやすい。意識して体を動かす必要がある」と話した。

読売新聞より。

Follow me!

投稿者プロフィール

座間 清 院長
座間 清 院長
専門は整形外科・老年内科・抗加齢医学
老年内科の診療、特に認知症医療では基礎研究結果に基づいた理論を重視、保険診療においても抗加齢医学を考慮し、認知症患者にとって適した治療を提供。
PAGE TOP